PR

リズム運動①

保育

最近、保育園の特色としてよくあがっているように感じる「リズム」「リトミック」ですが、保育園で実際に行うと、楽しんでいる子は多いように感じます。

見ている子や苦手とするような子ももちろんいますが、「リズムしたい」と声があがったり、音楽が流れると自然と身体を動かしたり…(^^)/

いろいろなリズム現場をすこーしは見てきた感想ですが、「うさぎ」「とけい」「かかし」「きんぎょ」「かめ」等などをよく見るな~と感じます(^^)/

その中でも「糸ぐるま」はみんなで手を繋ぐなどの動きもあり大好きなリズムの一つです♪

いろいろな年齢の友だちとするのもよし、発表会などで取り入れるのもいいのではないかと思います(^^♪

さらには「きょうだいすずめ」「五色の玉」等もいいな~と思っています(^^)/

リズム運動を子どもたちと楽しむコツは、保育者自身がまずは楽しむこと!リズムを知ることで自信を持って進めていくことが大切だと教わりました

また、いつも同じ流れではなく、違うものを組み込んだり、面白おかしく進めていくこともポイントの一つだと思います(*‘∀‘)

音楽が苦手だと感じる人も多いと思いますが、ピアノではなく、本人が歌う事でも進められますし、同僚の力を借りることもステキなことだと思います。

みんながそれぞれ得意なことを生かしつつも、苦手な事にも少しずつチャレンジしていける環境も大切だろうなぁと感じる今日この頃。

子どもたちと一緒に保育者のみなさんもいろいろな事にチャレンジしていきましょう!!



コメント