PR

心筋症の猫

「心筋症」と診断された猫はペットショップから迎えた猫🐈

初めの1年間ぐらいは病院に通ったりもしていましたが、心臓の音にやや雑音があるくらいということで心筋症という言葉は聞かなかったのですが、事情があり転院することに…。

そしたらその病院でレントゲンを撮ることになり、心臓が大きいということで「心筋症」と診断されました( ゚Д゚)

この先、どれくらい生きられるかはわからない…早くに症状が悪化あるかもしれない、治す方法はなく、犬と違って心臓に効く薬はない…等といろいろと話していただき、とてもショックを受けました。 ”(-“”-)”(-“”-)”

そこから、今まで以上に毎日を大切に過ごそうと思いました。

できることは何でもしようということで、とりあえずはご飯の相談。

腎臓サポートがよいのではということで、ドライ、セレクション、スペシャルの3種類の試供品をいただき、試してみるとセレクションが一番よく食べたので我が家ではそれ以降、腎臓サポートセレクションを愛用しています☺

そして、診断された日から毎日2回薬を飲み、半年に一度レントゲンで経過観察をしています。

ペット保険に加入しているので、毎月2000円ちょっと、レントゲンがあるときは5000円くらいで済んでいます。保険の加入は本当にオススメします!!!

それからかれこれ2年ほど経ちましたが…今のところ大きな変化はなく、元気に過ごしてくれています☺

腎臓サポートセレクション、そして、食いつきが悪くなったら使用しているママクックのふりかけ、オススメです^^(好みはそれぞれあると思いますが^^)

紹介しておきますね☆



コメント