PR

保育園の運動会③

保育

今日も暑い一日となりました”(-“”-)”

みなさん、健康には十分気を配っていきましょう!!

今日は引き続き体験した運動会の保育内容です(^^♪

③組立体操

〇子どもたちの反応は良い思います(^^♪

〇みんなで力を合わせることが出来たり、いろいろなテーマに応用できます!(例えば、運動会のテーマに合わせて工夫がしやすい ex)おまつり、冒険、海、虫、恐竜などなど…)

△最近の世間の流れで、危険なものとしてなくなっていっている内容ではあります。(でも、一人技や三人技、”花”などの高さのない六人技などだけでも構成はできるのではないでしょうか

△笛や太鼓を使用する場合は、吹き方や叩き方が重要!また、大人もタイミングを掴むことや、流れを覚える努力は必要かと思います。

④マーチング(鼓笛隊)

〇運動会全体の目玉となっているところが多いかもしれません。

〇達成した時の達成感は大きいものかもしれません。

△楽器の準備や、周囲の環境(音が大きい為、迷惑がかかるかも)、午睡中などには取り組めない、楽器を演奏できる広い場所など、条件は厳しいかもしれません。

△保育者も覚えることが多い。また、音楽専門の指導員がいるところであれば、その人のタイプによっては取り組みが厳しく楽しくないかも…。いない場合は、構成などを1から考えたり、リズム譜なども作成が必要になる場合も。職場に音楽が好きな人がいれば、とても助かると思います)

⑤親子競技

〇親も参加できるので、親子一緒に楽しめる、またクラス内での団結が生まれるきっかけになるかも。

〇子どもたちはとても喜んでいるようにいつも見ていて感じます。盛り上がる演目の一つです。

△競技内容によっては、保護者が怪我をする可能性がある…。

△親子競技を取り入れることによって、運動会自体の時間が長くなってしまう。最近は、気温や保育者や保護者の意識の変化からか、お弁当タイムがなくなり、午前中だけで終了する、演目自体の数が少なくなってきている所が多くなっている印象です。)

等など、内容は勿論、開催についてや時間など、園によって考え方が違ったり、変わってきたりしていると思いますが、一番良いなと思うことは

「子どもたちや担任をはじめとしたその園の職員がやりたいことをやる!」

ことが大切だと思います(^^♪

(※口にするのは簡単ですが、いろいろと難しい面が多いと思います…”(-“”-)”)

また、次回のブログでも演目内容や遊び等を引き続きあげたいと思っています(^_-)-☆


コメント